利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます。)には、株式会社アクト・システムズ(以下「当社」といいます。)の提供するEnglish Oneサイトのご利用にあたり、受講者の皆様に遵守していただかなければならない事項及び当社と受講者の皆様との間の権利義務関係が定められております。当講座をご利用になる方は、本規約に同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。

第1条 適 用

  • 本規約は、English Oneサイトの利用に関する当社と受講者(第2条第6号で定義)との間の権利義務関係を定めることを目的とし、受講者と当社の間のEnglish Oneサイトの利用に関わる一切の関係に適用されます。
  • 当社が当社ウェブサイト(第2条第5号で定義)上で随時掲載するEnglish Oneサイトに関するルール、諸規定等は本規約の一部を構成するものとします。

第2条 定 義

本規約において使用する以下の用語は各々以下に定める意味を有するものとします。

  • 「English Oneサイト」(以下「当サイト」と呼ぶ)とは、そのURLが「http://www.englishone.jp/」で(株)アクト・システムズが運営する英語運用力講座を提供するサイトを意味します。
  • 「英語運用力養成講座」(以下「当講座」と呼ぶ)とは、当社が保有するシステムであり、受講者が当社の指定する情報を入力することにより、当該受講者の英語運用力養成のトレーニング等が行われるものを意味します。
  • 「English One利用企業・団体」とは、社員や職員の英語運用力を判定する目的で当講座を利用するために、当社と当講座の利用に関する契約を締結している企業を意味します。
  • 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む。)を意味します。
  • 「当社ウェブサイト」とは、そのドメインが「englishmaster.com」である当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず当社のウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。
  • 「受講者」とは、第3条に基づき当サイトの利用者としての登録がなされた個人を意味します。
  • 「利用契約」とは、当社と「利用企業・団体」あるいは受講者との間で成立する、本規約の諸規定に従った当サイトの利用契約を意味します。

第3条 受 講

  • 当サイトの利用を希望する者(以下「受講希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録事項」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、当サイトの利用の登録を申請することができます。
  • 受講は必ず当サイトを利用する本人が行わなければならず、原則として代理人による受講は認められません。また、当サイトの利用を希望する者は、登録にあたり、真実、正確かつ最新の情報を当社に提供しなければなりません。
  • 当社は、第1項に基づき受講を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、受講を拒否することがあります。
    • 本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合
    • 当社に提供された登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
    • 過去に当サイトの利用を取り消された者である場合
    • その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

第4条 English One受講等

  • 受講者は、登録完了後、当サイトにおける指示に従い、当講座の受講を実施するものとします。
  • 団体受講者による当講座の利用結果は受講者の所属団体に対して開示するものとします。

第5条 英語運用力養成講座の利用

  • 受講者は、有効に登録されている期間と回数内に限り、本規約の目的の範囲内でかつ本規約に違反しない範囲内で、当社の定める方法に従い、当講座を利用することができます。
  • 受講者は、当講座の利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。
    • 当講座の受講において虚偽の情報を提供すること
    • 登録者本人以外の者に当講座を受講させる行為を行うこと
    • 当社の、English One利用企業・団体、当講座の他の利用者又は第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為
    • 当社の、English One利用企業・団体、当講座の他の利用者又は第三者を誹謗中傷する行為
    • 法令又は当社若しくは受講者が所属する企業・団体その他の組織の内部規則に違反する行為又はその恐れのある行為
    • 犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為
    • 当講座を通じて入手した情報を、複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用する行為
    • 当講座を利用して、自己の営業活動又は営利を目的とした情報提供活動をする行為
    • 当講座の運営を妨害し又は当社の信用を毀損する行為もしくはその恐れのある行為
    • コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
    • 当講座に関し利用しうる情報を改ざんする行為
    • 当社が定める一定のデータ容量以上のデータを、当講座を通じて送信する行為
    • その他、当社が不適切と判断する行為
  • 当社は、当講座における登録者による情報の送信行為が前項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には、受講者に事前に通知することなく、当該情報の全部又は一部を削除することができるものとします。当社は、本項に基づき当社が行った措置に基づき受講者に生じた損害について一切の責任を負いません。
  • 第2項第1号乃至第3号の違反は本サービスの品質に関わる重大な違反事項であり、受講者がこれらの規定のいずれかに違反した場合には、当社は第13条に基づき登録を取り消すのみならず、損害賠償として金10万円を当該受講者に対して請求できるものとします。

第6条 パスワード及びユーザーIDの管理

  • 受講者は、自己の責任において、ユーザーID及びパスワードを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
  • ユーザーID又はパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は受講者が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
  • 受講者は、ユーザーID又はパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第7条 英語運用力養成講座の変更、停止又は中断

  • 当社は、受講者に事前に通知することなく、当講座の内容をいつでも変更することができるものとします。
  • 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、受講者に事前に通知することなく、英語力養成講座の利用の全部又は一部を永久的に停止又は一時的に中断することができるものとします。
    • 当講座に係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
    • コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
    • 火災、停電、天災地変などの不可抗力により英語力養成講座の運営ができなくなった場合
    • その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合
  • 当社は、第1項及び第2項に基づき当社が行った措置に基づき登録者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第8条 情報の保存

当社は、受講者が送受信したメッセージその他の情報を運営上一定期間保存していた場合であっても、かかる情報を保存する義務を負うものではなく、当社はいつでもこれらの情報を削除できるものとします。なお、当社は本条に基づき当社が行った措置に基づき受講者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第9条 情報の利用

  • 当社は、当講座の利用過程で受講者から提供された情報を、受講者の事前の承諾を得ることなく、当社が編集、発行又は発売するものに転載することができるものとし、この場合に発生する著作権は当社に帰属するものとします。但し、この際、当社は受講者の氏名等、当該受講者を特定しうる情報については、公開しないよう努力するものとします。
  • 当社は、当講座の利用過程で受講者から提供された個人情報を、当社のプライバシーポリシに従って取扱うものと致します。プライバシーポリシーの個人情報の保護につきましては以下の通りです。
    • お客さまが当講座をご利用される場合、一部のサイトではお客さまの個人情報をお伺いする場合があります。
    • お伺いする情報は、お客さまのお名前、メールアドレス、所属団体・企業名、TOEICなど他の公的テストランクといった、 当講座のサービスをご提供する際に必要となる、お客さまの個人情報が主なものになります。お伺いした情報は、所属団体の人事・研修担当に通知する場合があることをあらかじめご了承ください。当社は当ホームページを訪問されたお客さまのプライバシーを守るために合理的な範囲で必要な措置をとります。
    • 当社は以上の方針を改定することがあります。その場合すべての改定は当社のホームページで通知いたします。その他、当社のプライバシーポリシーについては、当社URL(http://www.e-act.co.jp)に掲載されるものに順じます。

第10条 権利帰属

本規約に定める登録に基づく当講座の利用許諾は、当社ウェブサイト又は英語力養成講座に関する当社の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。受講者は、いかなる理由によっても当社の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしないものとします。

第11条 登録取消等

  • 当社は、登録者が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知又は催告することなく当該登録者について当講座の利用を一時的に停止し、又は登録者としての登録を取り消すことができます。
    • 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    • 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
    • 当社、English One利用企業・団体、他の登録者又は第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で当講座を利用した、又は利用しようとした場合
    • 手段の如何を問わず、当講座の運営を妨害した場合
    • 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産、民事再生手続開始、会社更生手続開始、会社整理開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    • 自ら振出し、若しくは引受けた手形又は小切手につき、不渡りの処分を受けた場合
    • 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
    • 租税公課の滞納処分を受けた場合
    • 申し込みから1ヶ月以上初回の利用がなく、当社からの連絡に対して応答がない場合
    • その他、当社が登録者の登録の継続を適当でないと判断した場合
  • 当社は、本条に基づき当社が行った行為により登録者に生じた損害について一切の責任を負いません。
  • 登録者は、下記アドレスに登録取消を依頼する旨通知することにより、自己の登録者としての登録を取り消すことができます。
    メールアドレス:info21@e-act.co.jp

第12条 保証の否認及び免責

当社ウェブサイトから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから当社ウェブサイトへのリンクが提供されている場合でも、当社は、当社ウェブサイト以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。

第13条 紛争処理及び損害賠償

受講者あるいはEnglish One利用企業は、本規約に違反することにより、又は当講座の利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその損害を賠償しなければなりません。

第14条 秘密保持

  • 本規約において「秘密情報」とは、本規約又は英語力養成講座に関連して、当社又は受講者が、相手方より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得えた、相手方に関する技術、営業、業務、財務又は組織に関する全ての情報を意味します。但し、
    • 相手方から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの、
    • 相手方から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの、
    • 提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの、
    • 秘密情報によることなく単独で開発したもの、
    • 相手方から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの
    については、秘密情報から除外するものとします。
  • 当社及び受講者は、秘密情報を英語力養成講座の目的のみに利用するとともに、相手方の書面による承諾なしに第三者に相手方の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。
  • 第2項の定めに拘わらず、当社及び受講者は、法律、裁判所又は政府機関の強制力を伴う命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を相手方に通知しなければなりません。
  • 当社及び受講者は、秘密情報を記載した文書又は磁気記録媒体等を複製する場合には、事前に相手方の書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については第2項に準じて厳重に行うものとします。
  • 当社及び受講者は、相手方から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、相手方の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。

第15条 本規約等の変更

当社は、本規約(当社ウェブサイトに掲載する当講座に関するルール、諸規定等を含みます。以下本条において同じ。)又は英語力養成講座の内容を自由に変更できるものとします。

第16条 存続規定

第6条、第7条第3項、第8条、第9条、第11条、第12条、第13条、第14条の規定は利用契約の終了後も有効に存続するものとします。

第17条 準拠法及び管轄裁判所

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第18条 協議解決

当社及び登録者は、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

以上